• 日本人がボーディングスクールに通う長所と短所とは

    日本人がボーディングスクールに通うと、生活していると自然と英語が使えるようになる、人間的な成長が可能などが長所です。

    子供の頃からボーディングスクールに通っていた時は、中学生くらいになる頃には、普通に英語が使えるようになっています。

    学校での生活だけでなく、寄宿舎内での日常生活にも必要なことから、英語を覚えたのは自然の流れと言えます。


    ただ、日本にいる家族との会話をする際は、英語ではなく日本語で話をしたほうがいいです。

    英語で驚かせることはできますが、家族が間違い電話と判断することがあるため注意です。



    あと、ボーディングスクールに通っていると、学業だけでなく心身の修業もできることから、人間的な成長につながっていきます。
    そして寄宿舎内では、自身よりも小さい子の面倒を見たり、積極的に手伝いをするようになります。
    家族がその姿を見ると、立派になったと感動して涙を流しても不思議ではないです。

    短所はホームシックにかかることがある、学校卒業後の進路に迷うなどです。



    子供の頃にボーディングスクールに通うため、寄宿舎に入れられた時は、ホームシックになってもおかしくないです。



    家族の写真が手元にあれば対策に効果的です。あるいは、月に1度だけ日本にいる家族へ国際電話をかけるのも良い手法です。
    また、卒業後の進路はどうすればいいのか迷うのは一般的なことです。何か才能を持っている場合は、日本ではなく海外の大学の進学を目指したほうが有益です。